問題化しているネット社会での誹謗中傷

ネット社会が一般化した事により、従来にはなかった様々な問題が生じています。ネット上の掲示板やコミュニティーサイトなどは、ユーザーが自由に意見を書き込む事が出来るので、ユーザー同士の交流の場としての価値が大きいものです。しかし、その反面で、匿名で好きな事を書き込める為、悪意のある誹謗中傷が行われる事も少なくありません。その対象は、芸能人である場合が多いものの、一般人でもターゲットにされるケースがあります。いずれの場合も、確かな根拠もないのに、相手の行為や人格を一方的に傷付ける行為が行われる為、人権上非常に問題があるものです。一般人の場合でも、顔写真がアップロードされて拡散してしまう事があり、本人の生活にまで支障が生じてしまうケースもあります。こうした、ネット上での誹謗中傷を根絶する事は難しいのですが、警察の協力を仰いで相手を割出した上で、法的手段に訴えるのも一つの方法です。

ネット上の誹謗中傷で被害が出たなら逆SEOに着目

インターネットには様々な有益情報があり、今では便利に活用することができます。しかし場合によりましては誹謗中傷など、根も葉もない内容を書き綴られて予想外の被害を被るケースもあります。そこで困ることは、有益情報が溢れるインターネットであるからこそ、その誹謗中傷の内容も真実であると誤認されてしまう可能性があることです。その為この様な被害が出ている場合では、対策を思案することが極めて重要になります。そこで着目すると良いソリューションが逆SEOです。近年では逆SEOのITソリューションを提案してくれている専門会社が多数ありますので、相談を持ち掛けてみることが有効になります。この逆SEOでは誹謗中傷を綴るWebサイトを、インターネットの検索結果の上位から追い出してくれる対策を行ってくれますので、検討に値する対策です。

ネットの誹謗中傷の究極対策はサイバー侮辱罪ですが

ネットの世界のいいところは自分でいろんな情報を書き込んですぐに読んでもらえる点にあります。そのため既存のメディア媒体では扱ってないような情報もたくさん出回り多くの人がその恩恵を受けてます。ですが同時に匿名性があるから書きこみ者が気に入らなければ誹謗中傷にすぐに発展しやすくなりそれが不快感を作り出して一部の人を悩ます結果となっています。しかし多くの国でそれの対策はなかなかうまくいってないのが現実であります。せいぜい検索サイトの順位を下げるseo会社に莫大なコストを依頼して削除や順位を下げる逆seo対策をやれるにすぎません。裁判などで刑事告発する人もいますが相当お金のある有名人くらいしかできないのが現状です。そのため究極の対策が求められます。その究極の対策はサイバー侮辱罪を成立させることにあります。これをすれば警察も動きやすくなり書きこんだ人物を特定して逮捕させることができます。しかしながらこれを運用してる国は世界ではごくわずかしかありません。もし日本でこれを成立させたならばこのような被害を激減させることは可能ですが、同時にこれを悪用して政治に対して自由な発言つまり表現の自由が効かなくなり政治家や政策に対する批判を書きこんだだけで逮捕されかねない事態になる恐れがあります。つまり13億人いる独裁で人権のない国と同じようになってしまいます。

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*